コラーゲンドリンク 種類

色々あるコラーゲンの種類

コラーゲンはたんぱく質で出来ていてたんぱく質はアミノ酸が集合して出来ています。人間の体には約30種のコラーゲンが存在しているようですがI型コラーゲンとII型コラーゲンが大半を占めています。

  • I型コラーゲン:骨の弾力性や皮膚の強さに関わっている
  • II型コラーゲン:軟骨に多く存在し、可動をスムーズに
  • III型コラーゲン:I型と一緒にある事が多く、細胞の足場を作っている
  • IV型コラーゲン:皮膚の表面に近い部分の細胞を支えている
  • V型コラーゲン:血管や胎盤などで弾力性と柔軟性を保っている

 

 

また原料によって名前の違うコラーゲンもあります。

 

「動物性コラーゲン」は豚や鳥から抽出されたコラーゲンで、以前は牛からも抽出されていましたが狂牛病の問題で利用されなくなりました。大量抽出が可能なのでコストが安く商品の価格が抑えられているため入手しやすく、熱に強いので料理に利用する事が出来ます。しかし分子量が大きいため体に吸収されにくく、コラーゲンによくある動物臭が強いため苦手な方もいると思います。

 

「海洋性コラーゲン」とは魚の骨・皮・ウロコから抽出されたコラーゲンで「マリンコラーゲン」や「フィッシュコラーゲン」とも呼ばれます。動物性コラーゲンより分子量が小さいため体への吸収が良く、コラーゲン独特の匂いが動物性コラーゲンに比べて少なくなっていますが、抽出に手間がかかるため価格が少し高めで熱に弱いため料理に利用出来ないなどのデメリットもあります。