コラーゲンドリンク 入門 効果

お肌だけじゃない!コラーゲンの様々な役割

コラーゲンと聞くとお肌のハリをイメージすると思いますが、他にも関節を滑らかに動かす働きをしたり血管の丈夫さに関わっていたりと美容以外の健康面でも活躍しています。お肌に関していえば真皮層という場所でコラーゲンがネットの様に張り巡らされ弾力性を保つことでお肌にハリを与えています。真皮層にある線維芽細胞によってコラーゲンやヒアルロン酸が生産されますが、この線維芽細胞の働きが加齢によって弱まってくるとコラーゲンの状態を維持できず弾力が落ちてしまうためお肌にしわが出来るようになります。

 

そして関節の軟骨に存在するコラーゲンは関節の可動時に骨同士が擦れないようにしたり、衝撃を吸収する働きがあります。軟骨がすり減ったり加齢によってコラーゲンの量が減ってしまうと骨同士が擦れ合うようになってしまい関節痛が起こるようになります。

 

更にコラーゲンは骨の丈夫さにも関係しています。コラーゲンが柱や枠組みを作り、その周りにカルシウムが付着することで強度のある骨が作られていきます。

 

これらのようにコラーゲンは美容以外にも体の健康や機能を正常に保つために無くてはならない成分なのです。